So-net無料ブログ作成
検索選択

地盤調査報告書が届きました [A・T様邸新築工事]

” 地盤調査報告書 ” 聞きなれない言葉かもしれませんが、現在、新築住宅を建てる場合には、「住宅瑕疵(かし)担保責任保険」という保険に入ることが施工業者に義務化されています。

瑕疵(かし)とは・・・、通常、一般的には備わっているにもかかわらず本来あるべき機能・品質・性能・状態が備わっていないこと。法概念としても用いられる。(引用元:Wikipedia)

この保険は、住宅の構造上重要な箇所に対して発生した瑕疵を、第三者機関が保証するものです。

それには、しっかりとした地盤であるということが前提となります。

つまり、頑丈な地盤でないと建築できない仕組みになっています。

ちなみに報告書はこんな感じです。

509a.JPG
509b.JPG
509c.JPG
509d.JPG
509e.JPG

報告書によると、5つの測点の支持力にバラツキも無く、充分な地耐力があるとの結果でした。

これがバラツキがあった場合には、建築後に不同沈下を起こす恐れがあり、欠陥住宅にみられる様にドアが閉まらなくなったり、床が傾斜するような事態となります。

一生でいちばん高い買い物が、もしこの様な悲惨な結果になってしまったら後悔のしようがないですね。

ちなみに、地盤改良費用は施主側の負担となりますので、造成間もない分譲地の建売住宅を購入される際には、特に気をつけた方がよいですね。

実際に過去販売業者が資金回収を急ぐあまり、造成後すぐに建築販売をおこない、その後土地が沈下し裁判となったケースもありました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日、基礎工事前の排水管埋設工事が始まりました。

509f.JPG

来週より、基礎工事に入ります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。