So-net無料ブログ作成

布基礎(立ち上がり)コンクリート打設の巻 [A・T様邸新築工事]

土間コンクリートも固まり、土台が通る部分の布基礎工程に入ります。立ち上がりの鉄筋部分に沿って、コンクリートを流し込む型枠を組みます。

525a.jpg

型枠の中はこんな感じ。

525b.jpg

型枠に生コンを流し込みます。

525c.jpg

基礎コンクリートと土台を緊結するためにアンカーボルト、基礎コンクリートと通し柱を緊結するためのホールダウンアンカーを必要な位置に設置します。

525d.jpg

表面が乾いたら、天端均し(※基礎のてっぺんを水平にすること)の工程に移ります。

天端均しの工程は、昔はモルタルでの施工業者が多かったのですが、この基礎屋さんは宮崎でもいち早く、レベラーと呼ばれる工法を採用されました。

※レベラー(水と同じように低い所には厚く、高い所には薄く流れ、水平を自力で確保する特性を持っています)

525e.jpg

これでコンクリートが固めるまで3日ほど養生して完成です。


来週からは、棟上に向けての準備が始まります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。